オートコール電話調査、電話業務自動化、システム開発のアセンド > ブログ > 定番夜食メニュー、歴史を作る

メディア

定番夜食メニュー、歴史を作る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定番夜食メニュー、歴史を作る

信長も愛したファストフード

手軽に済ませたい時や、テレビCMをみていると食べたくなるのが、お茶漬け。

これに欠かせない、煎茶を庶民に広く広めたのが江戸時代の永谷宗七郎で、彼の十代目の子孫が創業したのが、現在の食品メーカー永谷園です。

そのヒット商品「お茶漬け海苔」販売60周年を迎えた2012(平成24)年から、ご先祖・永谷宗七郎の命日にちなみ、5月17日を「お茶漬けの日」として申請。日本記念日協会に認定されました。

残ったご飯に、具材を乗せてお茶をかけるだけというシンプルな調理方法で、誰でも一度は食べたことがあるでしょう。

その歴史は古く、乙巳の変(645)で蘇我入鹿を暗殺するメンバーが、お茶漬けならぬ、(お茶はまだ日本になかったため)水でつけたご飯を食べていたことが日本書紀に残っています。

また平安時代になると、貴族の間では冬は湯漬け、夏は水漬けで、炊飯を食べることが流行。『源氏物語』常夏の巻で光源氏が食べたり、『枕草子』で夜食メニューとして例にあげています。

鎌倉時代になると、お茶の栽培も始まり、現代に近いお茶漬けが登場。武士にとって、すぐ食べられる(すぐ出陣できる)し、消化も促進してくれるファストフードとして、定番メニューになっていきます。

さらに戦国時代、桶狭間の合戦で、信長はお気に入りの謡曲『敦盛』を舞った後、湯漬けを食べて出陣。十倍の軍勢で停留している今川義元を打ち破ったことが『信長公記』に残っています。

歴史的に重要なエピソードを、裏から支えていたのは、今でも手軽に食べられる、お茶漬けだったんですね。


さて、今回はコール結果を入力するための、設定方法についてご紹介します。

管理メニュー_コール結果管理


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マル/プロフィール


maru-icon.jpg

北斗の拳とジャッキー・チェンを観て育ち、柔道と合気道を学ぶ。

社内ではFileMakerを使った開発・保守を担当。

趣味は映画鑑賞と、博物館や寺社を巡ること。 古本の収集が好きな割に、読む速度が追い付けていないので、途方に暮れる日々。

苦手なもの:虫、ゾンビ全般。

好きな言葉:「志村、後ろ、後ろ!」

ページトップへ戻る