オートコール電話調査、電話業務自動化、システム開発のアセンド > ブログ > 寅さんだって二度死ぬ

メディア

寅さんだって二度死ぬ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寅さんだって二度死ぬ

ファーストシーズンにしてファイナルシーズン

山田洋次監督の映画シリーズとして知られている『男はつらいよ』。

実はもともとフジテレビのテレビドラマであり、その最終話が放映されたのが、1969年の今日3月27日でした。

この日放送された最終回では、寅さんはハブ酒造りで一儲けしようと企みながら、逆にハブに噛まれて死んでしまうというエンディングでした。

堅調な視聴率であったものの、2stシーズンが作られることもなく、早々に打ち切られる予定でした。しかし、このエンディングを見たファンから抗議が殺到。

ついには、松竹によって映画化にこぎつけ、現在のように知られるようになりました。

全国各地で実演販売を行ない、毎回ヒロインと知り合っては、毎回失恋して終わるという展開は予定調和であり、マンネリの批判もありました。

しかし定番のシーンばかりではなく、家族との会話に時事ネタを織り込んだり、登場人物たちが成長していくなど、工夫もされているため、昔からの固定ファンも多いようです。

海外のファンも多く、特にリチャード・ギアは大ファンで、日本の飲料水のテレビCMでは寅さんのような衣装で登場していました。

今だに人気のあるせいか、松竹から今年2019年に寅さんがスクリーンで復活することが、発表されています。

人気のある限り、死なないのが、スターの宿命なのかもしれませんね。

さて、今回はオペレーターの通話内容を離れた場所からでも管理者が聞いたり、アドバイスをささやく機能について、ご紹介します。

管理メニュー_モニタリング・ウィスパリング



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マル/プロフィール


maru-icon.jpg

北斗の拳とジャッキー・チェンを観て育ち、柔道と合気道を学ぶ。

社内ではFileMakerを使った開発・保守を担当。

趣味は映画鑑賞と、博物館や寺社を巡ること。 古本の収集が好きな割に、読む速度が追い付けていないので、途方に暮れる日々。

苦手なもの:虫、ゾンビ全般。

好きな言葉:「志村、後ろ、後ろ!」

ページトップへ戻る