オートコール電話調査、電話業務自動化、システム開発のアセンド > ブログ > 討ち入りもグローバル

メディア

討ち入りもグローバル

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
討ち入りもグローバル

忠臣蔵

大石内蔵助が率いる四十七人の赤穂浪士が、前年に切腹させられた、主君浅野長矩の敵討ちとして、吉良上野介邸に討ち入りしたのが、1703年の今日だったそうです。

二年前に浅野長矩と吉良上野介が、江戸城松の廊下で口論となり、浅野が斬りかかったため切腹、お家断絶(赤穂藩の強制解散)。一方の吉良は無罪であったことから、元浅野家臣、大石内蔵助たちが、地下に潜伏し、最後は吉良の屋敷に押し入って敵討ちに成功します。

なぜ口論になったのか、なぜ即日切腹となったのか、また大石内蔵助も敵討ちだけが目的ではなく、転職活動の意図があったのか、謎が多く、現在でも分かっていません。

しかし謎より、敵討ちをしたことが先行して注目を集め、江戸時代から歌舞伎や講談の題材として親しまれました。

戦後、暴力ではなく、話し合いで解決する民主主義を推し進めるため、GHQは歌舞伎での上演を禁じましたが、日本の主権回復とともに、娯楽の定番として復活していったようです。

歌舞伎でも、復讐する意思のない、遊び人を大石が演じて幕府の目から逃れたり、吉良上野介が当日宿泊するのを確かめるために諜報戦があったりと、多くのみどころが脚色されていきました。

こうした脚色や、努力して復讐を遂げるというストーリーは、日本人だから分かると言われていました。しかし今やそれも間違い。ハリウッドでアクション映画としてリメイクされるなど、グローバルな題材になっています。

昔のGHQの人たちが知ったら、びっくりしたんではないでしょうか。



さて、今回はオムニコンタクトの検索機能のご紹介です。

割り当てられているリストから各種条件で検索が可能です(カスタマイズも可能です)また、検索リストという検索ショートカットも作成することができます。

複雑な検索条件もボタン一つで検索が可能になります。



検索・検索リスト(ショートカット)の紹介



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マル/プロフィール


maru-icon.jpg

北斗の拳とジャッキー・チェンを観て育ち、柔道と合気道を学ぶ。

社内ではFileMakerを使った開発・保守を担当。

趣味は映画鑑賞と、博物館や寺社を巡ること。 古本の収集が好きな割に、読む速度が追い付けていないので、途方に暮れる日々。

苦手なもの:虫、ゾンビ全般。

好きな言葉:「志村、後ろ、後ろ!」

ページトップへ戻る